故意的に体温を上昇させない

エステの光脱毛は、脱毛したいところに光を当てるだけと非常に簡単にお手入れが完了します。とっても楽ちんな方法なのですが、実は施術前後に注意すべきことがあるのです。その一つが故意的に体温を上昇させないことです。
光脱毛は単に光を当てているように思いますが、実は皮膚の中の毛根は熱エネルギーでダメージを受けています。使用する光が黒い色にのみ反応する性質があるため、これが可能なのです。つまり施術直後は言ってみれば、肌内部は軽いやけど状態になっています。その状態で体温を上げる行為を行うとどうなるか、想像に難くないでしょう。そうです、肌が赤くなったり、発疹ができたり、ひどいとやけど状態になることがあるのです。
こうならないために、施術前後24時間の飲酒はまずNGです。飲酒によって血流が良くなると身体が温まり、肌トラブルの危険性があります。施術は前々から予定が入っているので、これは簡単にできるでしょう。また施術当日の激しい運動や入浴も避けた方がいいでしょう。毎日運動の習慣のある人にとって、これはつらいことかもしれませんが、当日だけなので我慢です。また、入浴に関しては、湯船につかることはNGですが、施術部位以外なら通常通りのシャワーを浴びて問題ありませんし、施術部位もぬるめのお湯で軽くシャワーをかける程度なら問題ありません。
安心安全に脱毛するために、これらのことは最低限守りましょう。

コメントは受け付けていません。